2018年09月11日

【ぎぼむす感想】第2章まで綾瀬はるか竹野内豊横溝菜帆親子3人が

個人的に今のテレビドラマ「義母と娘のブルース」ぎぼむす
TBSの作品が一番いいって感じ。すごい楽しみ毎週のドラマの放送が。
やっぱり、綾瀬はるかさんが、義理の母に??
すごい展開ですよね。





なんと
竹野内豊さんと。そして娘がいるって男性と。
ドラマを見ていて「義母と娘のブルース」を
疑問、どうしてっていろいろ内容ストーリーに
興味が沢山出てきて、やっぱり個人的に
第二章までがよかったような。

小学生の娘「みゆき」と竹野内豊さん
その家庭に綾瀬はるかさんが
義理の母になるって。結婚するって

この攻防が、この3人の関係が

ドラマを見ている感じでは、

第二章スタートになると

数年後の
義理の母と、娘二人の生活に。


成長した、高校生になった「みゆき」と綾瀬はるかさん

竹野内豊さんが出演しないって状況では


やっぱり、個人的に

ドラマ「義母と娘のブルース」ぎぼむす


第2章までが

親子3人の関係が

何故?二人が結婚したの?

どうして?


そうそう第2章から
佐藤健さん出演シーンが

ぐっと増えて
竹野内豊さんの代わりに

メインとして

テイストがガラッと変わりましたよね。






高校生の娘「みゆき」が学校で

受験に

義理の母
綾瀬はるかさんが

「ベーカリー麦田」で


おそらく、個人的には

第1章である

親子三人

小学生の娘「みゆき」と竹野内豊さん
と綾瀬はるかさん


この関係性の

ドラマのストーリー

内容がいいって人が

視聴者の人が多いはず。


小学生「みゆき」を通して
学校のPTA、友達、学校なども

それに対する綾瀬はるかさん
竹野内豊さんの奮闘がやっぱりいい
posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 05:32 | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事