2017年10月04日

【音喜多駿離党】小池百合子都知事与党と都議会でどう対峙?個人で

音喜多駿さん、やっぱり小さな政党が、少人数の政党が
本領発揮できるタイプの人かも?


音喜多駿さんって、小池百合子都知事誕生までは
ほんとに一人で、自分で単独で活動している
都議会議員しているってイメージでしたが
20171004_seijika_katudou.jpg


縛られない、自分の思う通りにしているって

そこから「都民ファーストの会」に入って
小池百合子都知事と一緒に政治活動する中で

やっぱり、自分の思う通り、自分の意志が
達せられない、動けない、動かないという事で

今回の「都民ファーストの会」離党になったのかなって。


このニュース、「離党」を聞いて
なんとなく、やっぱり、音喜多駿さんは
大政党では、上手く力発揮できないのかと思っていただけに・・・

都議会議員として
「都民ファーストの会」として
与党にいたのに

離党により野党になり

今度は、「都民ファーストの会」の政策を監視
追及する側に回った形になったようですが

都議会でも、数が物事を進める、決定するという中で

「都民ファーストの会」離党して

以前のように追求、糾弾していく姿勢が

その姿を、テレビで見る事ができるのかなって?


少人数、個人で
政治活動するから
出来る事、出来ない事

音喜多駿さんも当然分かった上で

巨大与党となっている
「都民ファーストの会」から離党になっているはず。

やっぱり、民進党とか一緒になってしまって

政治家として

個人的にも

埋没してしまった感があったのも一因になっているのかも??


都議会では、今後
「都民ファーストの会」に対して

どのような姿勢で

音喜多駿さん挑まれるのかなって

かなり興味深い所でありますが


今回の音喜多駿さんの離党ニュース

もしかして、私と同様に

音喜多駿さんの姿勢
スタイルからは

巨大政党合わないのかなって思った人

もしかして多いのではって






追記2018年5月16日

希望の党が「国民民主党」になるとは

うーん、まさかの展開ですよね。


小池百合子都知事に大注目、大人気の状態から

希望の党が出来たと思っていたところだけど


「国民民主党」になってしまうとは・・・
民進党との合流して

希望の党が出来た時には

想像もつかない展開で


この政党も「国民民主党」
いつまで存在できるのかなって?思っている人多いはず

やっぱり民進党からの「立憲民主党」

こちらがもっとも「立憲民主党」いいのかなって


民進党が分裂してしまって

希望の党に入ったり、

うーん、アンチ自民党としては

もう「立憲民主党」に期待するしか?

今後としては?ないのかも??
posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 07:31 | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事