2017年07月23日

【power with heart】関西電力CM見るたび、原発撤廃、脱原発を期待

power with heartの関西電力のCMを見るたび
「原発」辞める事、撤廃する事じゃないのかなって・・・

そもそも、「power with heart」って?
関西電力のホームページで確認した所

関西電力と原発 [ 新聞うずみ火編集部 ]




“まごころと熱意を込めたサービスで、お客さまや社会の『力』になりたい”という想いを込めて

福島の原発事故を見て
そして、未だに原発事故の収束できていない状況で
見通しすら立っていない、本当に人間に、原発事故の収束できるのって?

色々思うにつけ

関西電力のCMの「power with heart」って

長期的視野に立って、

「お客さまや社会の『力』になりたい」というものが

原発の再稼働、原発を稼働させて
わずかな電気料金の値下げって事になるのかな??

超短期、目先の事で

原発の再稼働、原発稼働を考えているようにしか

ちょっと考えられないけど・・・


関西の電力としては

関西電力と
大阪ガスが

自由化に伴って
争っているようですが

せっかくなら、どちらも
電気も、ガスも行っている

競争関係だからこそ、

どちらかが、「脱原発」原発止める

原発以外のクリーンエネルギーで

電力を賄うって

それくらいの大きな視野、視点で

未だに福島原発事故が
収束できない状況で、原発不信になっている

「お客さまや社会」に対して

「まごころと熱意を込めたサービス」って

できないものなのかなって。

あくまでも、福島原発事故は
東京電力の管轄だったけど

これが、他の地域、地方で起こってしまったら

東京電力と同じように

2017年7月時点でも

解決、収束できない

福島原発のような事が

関西電力の管轄の所でも

起ってしまう可能性があるって


そして、それを心配している市民、国民が

目先の小さな値下げを願って

原発再稼働、原発推進して欲しいなんて

だれも思っていないという事が

大多数の意見って

分かっていないのか?

分かっていても、方針展開できない

公共な電力という事で

関西電力、
大阪ガスのみが

脱原発と、原発撤廃を

進めない状況なのか?

power with heartの関西電力のCMを見るたびに

考えてしまう、感じてしまうのは

私だけでないはずですが・・・






世界を見ても
先進国で、原発を推進しているの

日本くらいでは?

なんで、福島原発というものがあっても

国で原発廃止の方向に進まないのかな?
posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 05:37 | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする