2016年11月28日

【引っ越し時には】ネットから郵便局に「転送届け」申込、受け取りが

郵便の転送届けで、郵便物をもれなく受け取るってやっぱり難しい?
引っ越しする時に、郵便物を、引っ越し先に転送してもらうための
サービスとして「転送届け」ってありますが

引っ越し前の住所に送られた郵便物を
引っ越し後の住所に送ってもらえるというサービス

これって、いつまで
引っ越し前の住所にいるかという事と

引っ越し後の住所の所に、いつから住みだすかという事





もれなく受け取る事が出来るようにするには

やっぱり、両方の住所で
受け取る機会が必要になりそうです・・・

転送届けに関しても、いつから転送を開始してもらうかという事
それには、ある程度期間がかかってしまうという点

その為、旧住所に郵便物が送られてくれるというものが
どうしても、防ぐ事が出来ないような感じがしています。

新しい住所に関しても、
やっぱり入居日以降に、郵便ポストを使えると考えると

転送届の基準日も、入居日以降に設定する必要があるだろうし

だとすれば、やっぱり、引っ越し前の住所に
郵便物が到着してしまうという自体が
この可能性が残ってしまう感じです・・・

引っ越しでは、やっぱり
多少お金的にもったいない部分があると思いますが

引っ越し前の賃貸物件の家賃と
引っ越し後の賃貸物件の家賃との

2重家賃問題が発生してしまう感じ

でも、これをある程度考えないと

郵便物の取りもれが存在してしまいそうです。

日々、郵便物がどこから送られてくるか知る事ができないし

もしかして、送られてこないのかも??

個人的に思いつくのが
「株式投資」をやっている人

これをやっていると、株主優待や「配当金」が
いつ送られてくるかって明確に分からないはず

だけど、いつ来てもおかしくない郵便物になっていると思います

郵便物を受け取れないために、
もらい損ねてしまうの大変もったいないですよね??

特に単身者の引っ越しでは
注意したいところですね。

指示するだけでトランクルームから荷物を配送できる宅トラ


posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 02:58 | 引っ越しについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事