2016年07月12日

【2016年東京都知事選挙】候補小池増田でなく「東京都議会議員自民党」

【2016年東京都知事選挙】候補小池増田でなく「東京都議会議員自民党」
7月31日投票日の東京都知事選挙の候補者
・小池百合子さん
・増田寛也さん


このお二人の一騎打ち?に見えますが
増田寛也さんは、自民党、公明党、「東京都議会議員自民党」からの推薦

んん、前東京都知事の舛添要一さんの政治資金疑惑の時に
普段見ていない、東京都議会、都議会議員の皆さん見る事になりましたよね。

舛添要一さんの政治資金疑惑の追及には、
「東京都議会議員自民党」、公明党
消極的でしたよね、取りやめ、取り下げで
疑惑追及終了・・・なぜ?都民が望んでいた事でした?

たしかに、舛添要一さんの政治資金資金疑惑で
見えてきた、東京都議会の闇、自民党、公明党も
たしかに、透明性が無い感じが。

小池百合子さんが発言されていた、「東京都議会」がブラックボックス
一部の人達で決定されているって・・・


その様子、たしかに、国民にも都民にも
舛添要一さん問題を通じて知る、見る事になりましたよね。

そのままで、現状のままの「東京都議会」で
「東京都議会議員自民党」、公明党っていいのでしょうか?

「東京都議会議員自民党」が推薦している「増田寛也」さんが
まさに、「東京都議会議員自民党

という事は、「東京都議会議員自民党」の改革を謳っているいる
小池百合子さんと「東京都議会議員自民党」の都知事選という事になりそう。

舛添要一さん問題では、もっと追究して欲しい
なぜ、集中審議を百条委員会をしないのかって、思っていましたが
「東京都議会議員自民党」、公明党の判断で否決になりましたよね。





その後のリオオリンピック、パラリンピックの
高額出張費問題も浮上してきた「東京都議会議員自民党」、公明党

やっぱり、「東京都議会」自体も感覚が違う?改革が必要なのでは?
そう感じた方沢山いると思いますが。

2016年7月31日の東京都知事選挙の投票日には
現状の「東京都議会」でいいのか?
改革が必要なのか?で判断するのも必要になるのかも?

・現状の「東京都議会」でいい→「増田寛也」さん
・改革が必要「東京都議会」→小池百合子さん

という構図になっていそうです。

東京都議会議員 自民党
・東京都議会ドン?と呼ばれている人もいるみたいで
国会議員より注目されない分、既得権益、ブラックボックス
一部の人により運営されているって言うのが集約されているように・・・

「東京都議会」ってことのままでいいの?





JALカードSuica
posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 01:48 | 気になった事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事