2016年07月05日

【バングラデシュ】治安って?外務省のホームページで「レベル2」?

【バングラデシュ】治安って?外務省のホームページで「レベル2」とは?
バングラデシュって、親日で、日本も積極的にODA(政府開発援助)を実施しているって
テレビの報道や、ニュースを見ていると、たしかに日本人にとっては
日本にとっては、「バングラデシュ」って国が
安全な?安心していい国?って思ってしまいそうですが・・・

「バングラデシュ」の国、そして国民の人も
きっと、「日本」に対して日本人に対して、感謝されている?と
思っているのでは?って考えてがちがですが・・・

はじめての海外旅行まるごと安心ブック【電子書籍】[ ワイワイネット ]

価格:972円
(2016/7/5 03:23時点)
感想(0件)








冷静に、純粋に考えると
「バングラデシュ」って国、安全でも安心でもない?みたいですね。

親日国とか、国のために尽力しているって
言葉だけでは、ちょっと判断難しそうですよね。

昨日も様々な情報番組見てみましたが
情勢に詳しい専門家の方がおっしゃっていた
「バングラデシュ」決して安全な国でないという事。気になりました。

人生初の外務省のホームページの
外務省 海外安全情報 - 海外安全ホームページ」を見てみました。
これも情報番組で、確認できます、確認するようにっていってましたので。

バングラデシュ 治安 外務省」というキーワードで
すぐに検索にヒットしました。

現時点2016年7月5日3時時点の状況は?
「バングラデシュ」に関しては

レベル2 不要不急の渡航中止」というランクになっています。

うーん、ちょっと言葉の意味が分かりにくいですが・・・

「外務省」では、レベル1からレベル4までで
危険度を表しているようで、「バングラデシュ」は「レベル2」

・レベル1
・レベル2←ここ「バングラデシュ」危険度
・レベル3
・レベル4

このレベルの感覚的には、「レベル2」って?
レベル2 不要不急の渡航中止」という事だし。

言葉から判断し辛い感じですが、「渡航中止」に注目するべきなのでしょうか?

レベル1は比較的?違うみたい、「十分注意してください」特別な注意が必要です。
レベル2は、不要不急の渡航は止めてください。
レベル3は、渡航は止めてください(渡航中止勧告)
レベル4は、退避してください。渡航は止めてください(退避勧告)


外務省のホームページ記載分の判断基準
レベル1〜レベル4をよくよく見てみると

安全でないって、レベル1から「十分注意してください」特別な注意が必要って。
このレベル表示をみて、どれくらいのレベルでは、渡航で来て
どのレベルでは、渡航してはいけないって判断難しいようですが・・・

現時点の「レベル2 不要不急の渡航中止
「バングラデシュ」って、とても危険な国って事になると判断できそうですね。

親日国、日本が積極的にODA(政府開発援助)に参加しているとか
イメージ、印象で「バングラデシュ」って国を判断する事


とてつもなく危険であるように感じしますね。

レベル1でさえ、【十分注意してください】「その国・地域への渡航、滞在に当たって危険をさけていただくため特別な注意が必要です。」となっています。

これから夏休みとか、お休みとか始まると思いますが
とても海外は、危険みたいです。
昨日の情報番組でも、海外旅行は、「外務省」のホームページで
その国の危険度を確認してからっていってましたが

海外に行くって事は、その時点で危険を考慮して
危険の可能性を感じて行く必要がありそうですね。

もう、親日国とか、友好国とか
日本が積極的にODA(政府開発援助)を実施している国とか
イメージ、印象で国を判断するの難しい?間違っている感じがします。








posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 03:28 | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事