2016年06月28日

【国民年金基金】メリット、デメリットは?加入条件に付加保険料?

【国民年金基金】メリット、デメリットは?加入条件に付加保険料も関係している?
昨日厚生労働年金局「国民年金基金連合会」から郵便がやってきました。
国民年金基金の紹介みたいです。
たしか、記憶があっていれば、この「国民年金基金」って
付加保険料(付加年金)と併用できなかったはずだけど。

私は、今の時点で「付加保険料(付加年金)」やっているので
毎月、400円プラスして、国民年金支払っています。

図解わかる年金(2016-2017年版) [ 中尾幸村 ]

価格:1,620円
(2016/6/28 06:52時点)
感想(0件)




ゼロからわかる国民年金【電子書籍】[ All About編集部 ]

価格:324円
(2016/6/28 06:53時点)
感想(0件)




なので、現時点では加入できないはず?
「国民年金基金」って。

確認の為、インターネットで検索してみましたが
「国民年金基金」の条件って事で

しっかり、明確に

「付加保険料(付加年金)」に加入している人は
「国民年金基金」に加入できませんって確認できるかな?

やはり、そうでした。

2重加入できないという事です。

国民年金基金のホームページの
トップ 制度について知る よくあるご質問(ご加入に関して)

「その他」という項目の「Q4」で確認できました。

国民年金基金のメリットといえば
国民年金にプラスして、「国民年金基金」に加入して
多く支払う事で、年金としてもらえる金額を増やす事ができるって
会社員の厚生年金的なものですよね。

お金がある人が、今支払っておく的なものですね。

国民年金基金のデメリットとは?
「付加保険料(付加年金)」に加入している人は
加入できないって事。これは、デメリットでは、あまり書かれていない?感じだけど。

デメリットって、もらえるかどうか?
もらえる金額が、不確かで減るかも?って事になるのかも?

バラの香りで華やか吐息♪<高級ダマスクローズ配合>





posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 06:54 | お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事