2016年06月13日

日本ハム大谷翔平投手の「163キロ」は、もう当然レベルまで、さらに

日本ハム大谷翔平投手の「163キロ」は、もう当然レベルまで、さらに球速速くなりそう。
プロ野球でたびたび、日本最速とか、歴代とか言う話題になりますが
もう、この日本ハム大谷翔平投手にかかってしまえば
奇跡、偶然でもなんでもない、昨日阪神タイガース戦では
1試合で、「5球」も「163キロ」を投げたって、朝から話題になっています。



ここまで来ると、奇跡、偶然でなく
ほぼ当たり前、体調とか関係ない?と思ってしまうくらいの
確率になりつつあります。

この日本ハム大谷翔平投手は、今シーズンでは
打撃が注目されがち、去年のバッターとして
打者として、物足りなさを個人的に感じていたので
バッターとして成績がすごくなっている。

その分、去年のピッチャーとしての成績からは
ちょっと物足りない?とさすがに、二刀流の難しさがありますよね。

昨日の阪神タイガース戦では、
5勝目を上げて勝利投手になりました。

打者の大谷翔平選手の成績は
本塁打 9本
打率 337


やっぱり、「二刀流」をやっていくだけ
今までのプロ野球の考えでは、到底思いつかない
未知の世界を実際に歩んでいる感じですね。

もう次のステージも見えている?
大谷翔平投手の「163キロ」の次の最速も
近い将来、すぐにやってきてくれそうです。


大谷翔平選手が
高校卒業時に、大リーグ挑戦か、日本のプロ野球か選択を迷っていた時は
個人的にはいきなり大リーグ挑戦してもらいたいと思っていましたが

現在の「二刀流」という挑戦を日本のプロ野球で実践中で
結果を残しているという現実を考えると

可能性、未知への挑戦という意味で
北海道日本ハムファイターズに入団も
よかったのかなって?感じたりしています。


大リーグでは、さすがに「二刀流」という選択肢は
なかった?できなかった?
投手か、打者に専念していた?と考えると

二つの面で、可能性を継続している姿が
大谷翔平選手にとっても、プロ野球ファンにとっても
よかったのかもしれないって感じたりしています。


野球ピッチャー上達革命〜コントロールを良くする練習法〜【元・埼玉西武ライオンズ1軍投手 三井浩二 監修】DVD2枚組


タグ:大谷 163キロ
posted by テレビ番組やスポーツ、ドラマ at 06:03 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事